境界確認・確定測量

photo01

土地境界確定測量

◆ 隣接地との土地の境界を、調査、測量、立会により明確にする業務

【事例】

  • 財産保全
  • 境界杭が無く、所有する土地の範囲が分からない場合。
  • 相続等による分筆準備、土地を売却する場合。

現況(平面)測量

◆ 現在の状況(塀、フェンス等)を測量し、おおまかな面積(占有界)を算出する業務

【事例】

  • 購入を予定している土地のおおまかな面積を知りたい。※現所有者の承諾が必要になります。
  • 自己所有用地に建物を建築したいが、測量が必要だと言われた。

現況(平面)測量

◆ 現在の状況及び電柱・枡・止水弁等構造物、構築物を詳細に測量し、図示する業務

【事例】

  • 面積以外にも現地を構築物、工作物を詳細に把握したい。

高低測量

◆ 道路及び土地の高低を数値により表示します。

【事例】

  • 道路が坂になっている
  • 隣接との高低差を把握したい。
  • 建築プランに必要である場合

真北測量

◆ 太陽観測により磁北でなく真北の算出をします。

【事例】

  • 建築プランに必要である場合

近隣立面図

◆ 実測による立面図を作成致します。

【事例】

  • 建築プランに必要である場合。
  • 電線等の位置高さを把握したい。

深浅測量

◆ 海底、湖底の地形を把握する業務。

 

土地家屋調査士による業務

photo05

土地分筆登記

◆ 一筆の土地を分割して、数筆の土地にする登記

【事例】

  • 自宅敷地の一部を売却したい。
  • 相続が発生し、一筆の土地を相続人がそれぞれ保有したい。
  • 相続税対策で、土地の一部を弟に贈与したい。
  • 相続税を払えるだけの現金がない為、土地の一部を売却する事になった。

土地合筆登記

◆ 数筆の土地を合併して、一筆の土地にする登記

【事例】

  • •土地が数筆に分かれていて財産管理が大変なため。

土地地目変更登記

◆ 土地の現況または利用目的を変更した場合に、登記記録上の地目を現況の地目に変更する登記

【事例】

  • 駐車場として利用していた土地に建物を新築した。
  • 宅地の一部を、道路として提供した。

土地地積更正登記

◆ 登記された当初から地積に誤りがある時に、正しい地積に改める登記

【事例】

  • 実測面積と登記記録に記録されている面積に相違がある。 *実測面積とは確定測量

 

建物に関する事業

photo04

建物表題登記

◆ 登記されていない建物について、登記記録の表題部を開設する登記

【事例】

  • 自宅、共同住宅(アパート)、店舗等を新築した。
  • 相続が発生して所有権移転登記をしようと思ったが、建物が登記されていなかった。

区分建物表題登記

◆ それぞれ別個に権利を有する建物について、登記記録の表題部を開設する登記

【事例】

  • 分譲用マンションを新築した。
  • 二世帯住宅を新築したが、複数の建物として登記したい。

建物滅失登記

◆ 建物が物理的現象により滅失した場合に、登記記録を閉鎖する登記

【事例】

  • 建物を取り壊した

建物表題部変更登記

◆ 建物の物理的現況または利用状況に変更が生じたため、表題部の登記事項を変更する登記

【事例】

  • 既存の建物に増築した。
  • 建物の一部を取壊し、駐車スペースを作った。
  • 自宅として利用していた建物を、店舗として利用する事にした。