会社概要

国土交通大臣登録 第(2)34389号
測量士 登録第H17-898号
東京土地家屋調査士会会員 東京 第7447号
民間紛争解決手続代理関係業務認定 第201035号

会社名  株式会社HOSOI / 細井土地家屋調査士事務所
代表者  土地家屋調査士 細井 祥太郎(ホソイ ショウタロウ)
本店所在地  〒171-0014 東京都豊島区池袋2丁目24番4号 サン池袋Ⅱ6階
本店TEL  03-3971-1155 (総合窓口)
吉祥寺支店所在地  〒180-0002 東京都武蔵野市吉祥寺東町3丁目1番15号
吉祥寺支店TEL  ※総合窓口へご連絡ください。

「ITレポート」について

1.経営の方向性及びデジタル技術等の活用の方向性について

①デジタル技術が社会や自社の競争環境に及ぼす影響について

現在、当社の事業分野である境界確認・確定測量、建築測量でもICTへの対応が求められています。国土交通省では、「i-Construction」を推進し、公共測量分野では「i-Construction」に準拠したICT化に対応した3D測量が入札参加の条件になってきております。民間の案件でもICT化の流れは進んでおり、当社が今後成長発展していくためには「i-Construction」化、ICT化への対応が必須と考えております。

②経営ビジョンやビジネスモデル

当社のICT化を踏まえた経営ビジョン。
ICT化を通して最高のチームで社会貢献のできる企業を目指し、1年1年成長を誓います!

2.経営ビジョン実現のための戦略

①従来の2次元測量体制から、3次元化を図り、測量業務の3D化を進め、「i-Construction」化、ICT化に対応し、DX化を図っていきます。

②従業員一同が業務のICT化、ICT技術とノウハウを習得するために、教育制度を充実していきます。

③DX化に対応した最高のチームによって、民間の案件、新規分野として公共測量分野へ参入し、社会貢献していきます。

④DX技術によって、自然災害時には、当社が所在する東京都及び豊島区の復旧・復興のために社会貢献します。

⑤ICT化によって、時代の流れに対応した新たな3D測量サービスを創出し、社会貢献していきます。

3.戦略を推進するための実施体制

代表取締役 細井祥太郎
担当部門  測量調査部 総務部

本店所在地

ロゴの説明

測量機器のミラー(プリズム)をイメージしております。

測量は基本的に機械より光を送り出し、
プリズムにより反射した光の時間により距離を計算します。
これは、光の速度は一定であるためです。

プリズムは、いろいろな角度から受けた光を屈折せずに受け止め、
必ず正面(受けた方向)に光を返すようにできています。

お客様の様々な要望(角度)を、しっかり受け止め、
正しく導ける存在でありたいとの願いを込め採用しました。